スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物音が気になる! 社会不安障害や対人恐怖症の人の特徴

対人恐怖症社会不安障害についてまわる副作用? のようなものに、異常に近隣の物音に敏感になるというものがあると思います。僕もそうでしたし、話を聞くと、同じ症状で本当に多くの方が、気にされて、心をボロボロにしているそうです。

特にマンションやアパートで一人暮らしにしている人に多いと思うですが、隣や上の物音に非常に敏感になると、もう心が休まらなくなります。僕もつねに音が聞こえると、そちらに意識が引っ張られてしまって、心臓がドキドキし始めて、折角の休みも怯えて過ごすはめになっていました。

隣や上の階の物音に敏感になると、自分が出す音にも意識がかかるようになります。僕もなんでこんなに気を使わなくちゃいけないんだ、と思うくらい、音を出さないように出さないように気をつけていました。そのくせ、隣や上の音が聞こえると、むかついてきて、どなりたくなったり、壁を叩きたくなりました。

対人緊張の人は、つねに人のことを考えざるをえないから、人の出す物音に敏感になって、神経質も度が過ぎてしまうのだと思います。そして、自分の存在を感じ取ってほしくないから、音を出さないように、迷惑をかけないように音を出さないようにします。でも、常に気になっているから、外で対人緊張でヘトヘトになっているのに、部屋の中でも苦しむことになります。

落ち着ける自分の部屋がそうなったら、心はもっともっと病むと思います。僕もそうとう隣や上の音に神経質になり、なんでこんな苦しみを抱えてしまうのか、自分自身と神経症を呪いました。特に寝るときには、病的物音への神経質がマックスになりました。やすらぎたいのに、音が聞こえるたびに、いやいや、音が聞こえるかもしれないということだけで、心臓がバクバクになりました。この苦しさは同じ経験をした人ならわかると思います。ましてや、一人暮らしで気晴らしも、抑圧のはけ口もない人間ならば、頭がおかしくなっていくに違いありません。

この地獄を脱出するのは、部屋の中だけにいてはいけないと思います。そこがすべてになると、その空間を侵すものには、異常なまでに敵愾心や不安感を持ってしまいます。物音は、人そのものでなくても、人が発するというだけで、異常に気になってしまうのです。気晴らしを外に持てないとダメです。ひきこもり状態になると、ますます精神的に病みます。

物音も一度気になったら、もう心から取り除くことはできません。排除排除しようとは思わないでください。想像の世界で、まるで自分を苦しめるために、近隣住民が音を出してくるように、想像が、いや被害妄想が高まってきますから。そうなると、ますます自分自身の心の抑圧が無意識にかかるか、あるいは暴発して、人を刺すことまで発展しかねません。昔あったピアノ殺人事件は、その典型だと思います。

物音も、人も、視線も、対人恐怖症になってしまうと、すべてが邪魔になります。人が気にならない音でも気になってしまうのは、そもそもベースとして、社会不安障害対人恐怖症の気があるからだとおもいます。その症状に付随するものだと、僕は経験や人の話からそう思いました。それでこのブログ記事を書こうと思いました。

人は症状がきついからといって、逃げ続けても、物音が気になってしまって、逃げ切ることはできないということだと思います。だから、逃避し続けても何にもいいことはないのだということは、この件から、知っておいたほうがいいかもしれません。どこかで、自分の人生にベースの部分から変えるために立ち向かっていかないと、僕のような、一人でいても苦しい状態になってしまうのです!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : わたしの心 - ジャンル : 心と身体

Tag : 社会不安障害 対人恐怖症 神経質 物音 騒音 雑音 気になる 病的 耳栓 騒音公害

コメント

こんばんわ。
私も対人恐怖症&聴覚過敏で悩んでいます。やはりこの二つは関連しているところがあるんですね。今まで見たことがなかったのでとても参考になりました。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。