スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋人を作る方法 対人恐怖症・社会不安障害克服に必要になること

対人恐怖症・視線恐怖症・自己臭恐怖症・社会不安障害・赤面症・・・・・・特に男はこの症状になった場合、死活問題です。
仕事はできなくなるし、人間関係もまともに築けなくなる、これ以上最悪なことはないです。

僕も対人恐怖症だったときは、当然のことながら女性恐怖症でした。
男でも苦手なのに、女性なんて話すだけでもありえない話でした。
緊張しすぎて、挙動不審に陥ってしまいました。恋人、彼女を作るということほど僕にとって不可能な話はありませんでした。

女性の場合、僕の知る限りですが、対人恐怖症にもかかわらず、彼氏は結構いたように思います。
女性は控えめがいいのんか、男性からアプローチしてくるからです。
でも、女性は女性なりに苦しい悩みがあるわけなので、これ以上は愚痴は言わないようにしておきます(笑)。

男の場合の辛さは、待っているだけじゃ決して恋人は作れないということです。
それに恋人は欲しいけれど、いたらいたらで、疲れるし、それもいやだ。
それに楽しめないと思う、という人も多いと思います。そして、ずるずると歳を重ねて、30歳,40歳になっても一度も恋人がいない、という人がいます。
一生一人で寂しく暮らしていかなくてはいけないかもしれないし、自分は諦めても、親が悲しんだり、世間が嘲笑してきたりと、いいことはありません。

対人恐怖症という範疇に入らない人でも、そんな女性が苦手は人が増えているわけなので、神経症になってしまった人にとっては、さらにきついことだということです。

自分の容姿にコンプレックスがある、とか話下手だから、という理由が様々あると思いますが、そんなものは自分でかってに決めつけているだけです。
女なんかいらないと悟りを開いたならともかく、やっぱりそれでも女の子と交際したいという人は、どんな弱点があろうが、どんどんアプローチを掛けていくべきです。

それに容姿が悪いから、イケメンじゃないから、と諦めていることほどもったいないです。
それなら、完全に解脱した方がいいし、心も悩ませなくてすみます。
それでも、間違いがあって女性とうまく行ったら、なんて考えがあったら、恋人は絶対作るべきです。
男は顔じゃないです。気持だけです。
でも、症状があって付き合えたとしても疲れるだけだから、とのたまうのは、付き合ったあとにしてください。

話し上手になる必要もありません。
流暢に話せない人は、岩波先生がよく言うように、会話をするな、ということです。そこは岩波先生の言葉・講演集を読むと色々書いてあると思います。
話し上手なんてものは、心に余裕が生まれてくる共にできるようになりますから。あとは場慣れだけです。
どちらにしても、人間関係を作るスキルは絶対に獲得した方がいいと思います(会話上手になれば人間関係が作れるわけではありません)


僕の結論から言いますと、対人恐怖症だろうが、社会不安障害があろうが、恋人は作れます。
でも、これも場慣れは必要なので、たくさん女の人と出会う場を作ってください。
引きこもっているのに、出会いがないというのは、当たり前の話です。
彼女ができないというのも、出会いの場がないだけの話です。
最初は話すのも緊張すると思いますが、避けては通れない道です。

女性の目を見て話すことが苦手な人は、こちらを読んでください。
エブリマンさんのブログ『神経症克服プログラムとの出会い 神経症克服への道』の『正視恐怖症の人のための視線の置所』に書いてあることを参考にしてみてください。

相手の眼を直視しなくても、見ているように思わせるテクニックが書いてあります。
エブリマンさんは、僕の知り合いですが、彼もたくさん女の子と付き合っているようです(笑) 
元対人恐怖症・視線恐怖症・社会不安障害といった症状だった人です。

といいますが、岩波先生のところに通った人は、みんな男性も女性も恋人ができるようになる、という伝説があります(笑) 
先生もいい恋人を作ることを推奨していますね。ただし変な足を引っ張るような恋人だけは避けろ、と言っていましたが。

対人恐怖症を克服してから彼女を作ると言っている人はただの甘えです。
恋人を作りながら、克服していきべきものです。
それは克服へのエネルギーを与えてくれます。
出会う場所はネットでもなんでもいいんです。
すべてが自身のコンディション向上のために利用してください。

ずっと孤独に劣等感を感じながら寂しく人生を送ることは、生まれてきた意味すら失わせてしまいます。
孤独感で押し潰されてボロボロになっている人は、非神経症の人もたくさんいます。
ましてや、対人緊張がある人はそうなる危険性が高いので、今からやらなくちゃ間に合わないと思ってください!

結局対人関係がいい人は、自信がある人です。
自信がない人が悩みます。
自信を得るきっかけとして一番なのはやはり彼女を作るということです。

恋人の作り方は、岩波先生がとっても詳しいので、時間があるときに聞くといいと思います(笑) 
あと勇気も鍛えられます。
男は女性を口説かなくてはいけない。そのためには恥をかく覚悟も大事になってきます。
色々なことが学べます。

でも、覚悟と信念が備わった人間は、自動的にいい彼女ができると言っておきたいです。
それは岩波先生の技術で植え付けてもらいながら、自分でもそれを獲得するように日常生活で頑張りましょう。

対人緊張の症状があるから、とか、もてないから、とか、出会いがないから、という言い訳は一切封印して、恋人づくりに邁進してください。
けっして、茶化すつもりで書いたわけではありません。
対人恐怖症克服のために大事なことだと思っているからです。これでも真剣に書いたつもりです。

それでも勇気が出なかったら、一生孤独でボロボロになっていく人生を想像してください。
今やらなくちゃ、もうやれる機会は一生来ません。
年齢が重なってしまったら手遅れになります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

Tag : 対人恐怖症 社会不安障害 人間関係 彼女を作る方法 口説き方 恋人 コミュニケーション能力

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。